立志式を終えて ~決意を新たに~

11月14日に立志式がありました。立志式は先輩方から灯火を受け継ぎ、厳かな雰囲気の中行われ看護の志を改めて確認しました。

71回生の誓いの言葉は、「患者さんの気持ちを理解し,その人らしい生活が送れるよう安全、安楽、自立を支援できる看護師を目指す」「患者さん一人ひとりの症状や疾患に応じた看護を提供するために知識、技術、態度を学び努力を惜しまず勉学に励む」「看護師を目指すものとして、互いに支え協力し、向上心と感謝を忘れず成長する」です。この誓いを忘れずみんなで協力し日々努力をしていきたいです。

また、71回生69名1人ひとりが自分の目指す看護師像を掲げ、少しでも近づくことができるように努力することも誓いました。立志式を行う前と後では、自分の中の気持ちも変化しました。立志式の前までは看護師になりたいという漠然としたものでしたが、立志式を終えてから具体的にどんな看護師になりたいかはっきりしました。一年生になってから半年が過ぎ、これから勉強や実習など忙しくなりますが、自分の看護師像に近づくことができるように決意を新たに勉学に励みたいです。

頂いたお花は、立志式後に71回生で学校のロータリーに植えました。今回はスノーボールとチューリップを植えました。見た人の心が安らぐように大切に育てていこうと思います。