学校の特徴

学校の特徴

隣接する病院が母体病院

本校の最大の魅力は、学習環境が充実した母体病院で実習できることです。

本校はほとんどの実習を、学校に隣接している母体病院である岩国医療センターで行っています。
授業でも大学の講師陣はもちろん、高度医療に携わる岩国医療センターの医師や看護師から臨床での体験を直接聴くことができ、最新の医療や看護の知識が習得可能です。

また、各病棟には実習指導者がおり、責任を持って学習の支援をするので、安心して患者様の看護について学ぶことができます。

新しいキャンパス

平成25年4月に、愛宕山へ新築移転し、1学年定員80名の大型校として生まれかわりました。
自然を満喫できる立地、新しいキャンパス、最新の設備で、充実した学生生活を送ることができます。

看護師国家試験 高い合格率

看護師国家試験は毎年高い合格率を出しています。

国家試験高い合格率

修業年限が3年の本校は4年制の学校と比べても高い実績を保っています。
その理由は、基礎技術を磨く充実したカリキュラムと現場対応力を養う臨地実習はもちろんのこと、試験に良く出るポイントを研究し、一人一人の弱点を克服できるよう国家試験まで親身にバックアップしているからです。

知識と技術をじっくり自分のものに出来るのが本校の魅力です。

就職&進学率100%

卒業後は国家試験合格ののち、看護師として就職し、実務経験を積んでより専門性の高い看護師を目指したり、看護教育の場でも活躍することができます。
また助産師、保健師学校へ進学したり、看護系大学へ進み、より看護の専門性を追求することも可能です。

多くの卒業生が母体病院である国立病院機構岩国医療センターへ就職しています。
全国には143施設の国立病院機構病院があり、ネットワークでつながっています。
山口県内の国立病院機構病院は4施設、広島県内は5施設あります。
また、卒業生の8割が、いずれかの国立病院機構へ就職して活躍しています。

卒業生の約1割が進学しています。
助産師学校、保健師学校へ進学するか、看護系大学へ編入しています。

【卒業後の進路】
主な就職先 主な進学先
  • 国立病院機構岩国医療センター
  • 国立病院機構広島西医療センター
  • 国立病院機構山口宇部医療センター
  • 国立病院機構九州医療センター
  • 国立病院機構京都医療センター
  • 山口赤十字病院
  • 横浜市立病院
  • 広島市立広島病院 など
  • 岡山医療センター附属岡山看護助産学校
  • 京都医療センター附属京都助産学校
  • 大分大学医学部看護学科編入
  • 熊本大学養護教諭養成課程 など

 

3年課程

3年で卒業する本校は、4年制課程学校に比べて経済的な負担が軽く、授業や実習で学んだことを1年早く臨床に出て看護師としての経験を積みながらレベルアップができます。

4年制課程に匹敵する総合力が身につくことを約束します。

充実の奨学金制度

本校が取り扱う奨学金には、岩国医療センターが独自に貸与する奨学金と、独立行政法人日本学生支援機構が貸与する奨学金があります。

経済的な心配をすることなく学業に専念していただくため、入学前から卒業後までを全面的にサポートします。

また奨学生は金銭面のメリットだけでなく様々な人達との付き合いも広がり、今後働いていく上でも大きな財産となります。

自己点検・自己評価

平成27年度 学校相互評価